防水工事の種類

株式会社宮防ではお客様の環境やご要望に応じ様々な防水の種類をご提案しております。
中でも代表的な防水の種類を紹介致します。

拡大する

アスファルト防水

最も信頼性が高く、実績も一番多い工法。溶融したアスファルトとルーフィングを積層し、 厚みのある防水層を作りあげることで、耐用年数が長く、耐久性、水密性、耐荷重性に優れています。

拡大する

シート防水

塩ビシート防水

耐摩耗性があり、露出防水の軽歩行用として用いられることが可能です。

ゴムシート防水

軽量で柔軟性を有しているため、おもにS造など露出非歩行用に用いられます。
防水層の厚みが薄いため、基本的に歩行用には不向きと言えます。

拡大する

塗膜防水

ウレタン防水

施工時は液状なので、狭い場所や設備基礎廻りなどの施工が容易であります。
架台の多い現場や、手の届かない部分への施工には抜群の水密性を発揮します。

FRP防水

繊維強化プラスティックを素材とした防水工法です。表面が固く強靭で、プールや浴室などにも使われています。木造住宅のベランダなどで多く用いられます。

このページの先頭へ