可能性あるかぎり何でも挑戦、汗の匂いと、工夫の香りのする企業

防水工事の印象

思い起こせば、学生の頃。当社のアルバイトとして作業を始めたのが防水工事業への第一歩
でした。高校生3年生の夏休みだったと思います。
真夏の屋上作業による日焼けに加え、材料のアスファルトなどで汚れ、肌も服も真っ黒にな
りました。
その当時は「汚れる仕事」と言うイメージが強く、1週間・10日と続けていくにつれて仕事
の印象は「きつい」「暑い」イメージしか浮かばなくなりました。「将来、こんなきつい仕
事は、やりたくない」と愚痴をいいながら、与えられた作業を自分なりに頑張ったことは、
今でも鮮明に覚えています。

雨漏りを止める誇り

発生した雨漏りを止めるという仕事は、各建物において様々であり、構造や立地条件、気象
条件等様々なシチュエーションの中、偶然的・必然的に発生し、その要因も多種多様です。
長年現場作業に携わり、多くの「漏水補修ミッション」をこなしていくにつれ20数年たった
今では。 防水工事=「とても奥の深い仕事」と思っています。

お客様目線になるということ

たった一滴の雨水は想像のつかない所から侵入し、漏水につながることがあります。
弊社の特徴は、お客様の建物一つ一つを構造的に解析し、可能な限り部分的で補修が出来る
ように補修方法をご提案をするように心がけております。一般の防水施工店は、漏水が発生
した部位の全体を施工する提案が多いのではないかと思います。
もちろん、全体改修が最も安心かつ効率もいいのですが、お客様には様々なライフプランが
あると思います。予想もしなかった漏水の発生で多額のお金を捻出するのは難しいお客様が
多いはずです。弊社は、その様々なニーズにご対応できるよう、調査員や作業員の長年培っ
た知識と勘を頼りに、漏水発生の原因を「技術」と「信頼」で、ご提供する企業を目指し続
けています。

オンリーワンと地産地消

弊社は、防水工事業とは別にベンチャー企業としての顔も持ち併せ、新規事業にも取り組ん
でいます。大手メーカーと共同開発で作り上げられた「遮熱塗料 ファームバリア」は県内外
から高い評価を頂き専門的な分野におきましては、国内唯一「国土交通省NETIS」にも登録
されている省エネ遮熱塗料です。
その効果の立証には県内学術機関との長年にわたる共同研究に於いて各種エビデンスを有し
ています。データを基にした取り組みはニッチ分野において各業界の様々な暑中問題解決に
寄与しております。専門的な防水施工を行ったのち、自社オリジナル遮熱コーティングにて
建物を生まれ変わらせる。それは【再生】ではなく【転生】といったイメージを心がける事
であると思っております。このように我々が今まで培ってきた知識や勘・技能に加え、新た
な新技術を掛け合わせることにより弊社独自のオンリーワン技術を用いることが可能となり
ました。防水工事と遮熱塗装を融合させ、お住まいの居住空間を近代的かつ快適にコーディ
ネートいたします。
地産地消のキーワードのもと、宮崎県で生まれた技術と技能をより地元の皆様へ、ご活用
していただけますよう、弊社スタッフ一同自信を持って誠心誠意、ご対応させて頂きます。

夢のある企業

建設業は受注産業である以上、将来的な景気の判断が難しい業種の一つです。
冒頭にもお話しした通り、屋外の作業はけっして恵まれた労働環境ではありません。
弊社スタッフは自分達が受け持った「任務完遂」の為、毎日一心不乱に行動しています。
しかし、お客様の様々なニーズに応え、満足のいく役務を提供するには、まずなにより自社
社員の育成とモチベーションの確保が何よりも大事なことだと思っております。
社員一人一人が「働きがいのある会社」と言いきれる企業となるよう、尚一層精進していき
たいと思います。1971年創業以来、先代が築き上げ、社員と守ってきた企業です。
どの企業様も同じなのかもしれませんが、過去に不景気の時期には様々な浮き沈みの歴史を
乗り越えてきました。今まで苦楽を共にしてきた社員、変わらぬご愛顧を頂きました皆様へ
出来る限りの恩返しをしていきたいと思っております。

簡単ではございますが、代表の挨拶とさせていただきます。
今後とも弊社ならびに社員一同をご愛顧いただきますよう、よろしくお願い致します。

平成29年 9月1日
代表取締役 村社 英秋

このページの先頭へ